シルクロードの歴史と現在
シルクロードの由来オアシスの道シルクロードの歴史シルクロードと仏教シルクロードの今:新疆ウイグル自治区オアシスの民ウイグル人参考文献
シルクロードの由来
ウルムチとトルファンの間の峠 達坂日本人の胸に夢とロマンをかき立てる魅惑のシルクロード。かくいう私もシルクロードに魅せられ、憧れた者の一人でありましたが(←過去形)、まずここではシルクロードの由来やその歴史、そしてシルクロードの現在についてご紹介したいと思います。

シルクロードとは一般に、中国と西アジア・地中海沿岸地方を結んだ歴史的な東西交易路のことを指します。このシルクロード、つまり「絹の道」という名前は、中国産の絹が遠くインドや西アジア、さらにはローマ帝国にもたらされたことに由来しています。ドイツの地理学者リヒトホーフェンが「ザイデンシュトラーセ Seidenstrasse」と命名したのがその始まりですが、その後、スウェーデンの考古学者ヘディンが英訳である「シルクロード Silk Roak」を著作に用いたことから、一般化したと言われます。
オアシスの道
現在では北方の草原ルート、そして南方の海上ルートも含めてシルクロードと言われることもありますが、元々シルクロードという言葉は、中国の長安(現在の西安)を発し、タリム盆地*を経由するルートのことを指していました。このルートは各地のオアシス都市を中継地として栄えたため、北方の「草原の道 Step route」、南方の「海の道 Sea route」に対して、「オアシスの道 Oasis route」と呼ばれます。

狭義のシルクロード、すなわち「オアシスの道 Oasis Route」には、大きく分けて3つのコースがあります。まず、敦煌北方のハミを起点に天山山脈の北側を横断するコースを「天山北路」、逆に天山山脈の南側を通るコースを「天山南路」と呼びます。「天山南路」は南北の二手に分かれており、タリム盆地の中心にあるタクラマカン砂漠*の北を通る道は「天山南路北道」(天山南路)、南を通る道は「天山南路南道」(西域南道)と呼ばれました。

古代シルクロードの地図
 天山北路
敦煌北方のハミを起点とし、天山山脈北麓を経て、西トルキスタンに至るコース。南下すれば天山南路に、西進すれば草原の道に合流します。
 天山南路北道(天山南路)
敦煌西方の玉門関を発ち、トルファンから天山山脈の南縁に沿って西に向かい、カシュガルからパミール高原に入るコースで、天山南路とも呼ばれます。フェルガナから道は2つに分かれ、一方はアラル海やカスピ海の北を通ってヨーロッパに通じ、一方はサマルカンドを経由して、西域南道に合流します。
 天山南路南道(西域南道)
玉門関から楼蘭を経由し、タクラマカン砂漠の南縁に沿って、ホータン、ヤルカンドを経てパミール高原を越えるコースで、西域南道とも呼ばれます。ワハーンからはインドへ向かう道と、イランを経てローマに向かう道に分かれます。
これらの内、西域南道の自然条件は過酷で、危険度も非常に高い道でしたが、諸コース中最短であるため、利用度も高かったと言われます。玄奘がインドから唐に帰る時やマルコ・ポーロが元の都を訪れた時は、いずれもこの道を経由して行きました。
シルクロードの歴史
 張騫による西域の「発見」

張騫と従者の像(トルファン)シルクロードの始まりは紀元前にさかのぼります。前漢の武帝は、建国当初より脅威となっていた北方の遊牧民匈奴に対抗するため、紀元前139年に張騫という人物を西方の月氏のもとに派遣します。武帝の命を受けて西方に赴いた張騫は、10年以上も苦難の旅を続けたものの、結局、月氏と同盟を組むための交渉は失敗に終わりました。しかし、彼の報告により、それまで未知であった西方の事情が伝えられたことは、歴史的な変化をもたらしました。西方の文明的な国々の存在は当時の漢の人々に大きな驚きを与え、以後、国家的な規模で中国と西方世界との通交が開始されることになったのです。

 前漢による西域支配

匈奴との間の争いに勝利した武帝は、紀元前121年頃、甘粛に河西四郡(武威・張掖・酒泉・敦煌)を設置し、当時西域と呼ばれたタリム盆地周縁の諸オアシスをも勢力下に収めます。東西の交通貿易はこれを転機として一大飛躍を遂げました。更に紀元前59年、宣帝によって西域統治機関として烏塁城に西域都護府が設置され、前漢の西域経営が強化されます。これに伴い、シルクロードに沿った東西の交通貿易も安定した繁栄を発展を遂げることとなりました。

 班超の西域経営

班超の像(カシュガル)その後、前漢の衰退に伴ってその西域における影響力も低下し、西域の支配権は勢力を盛り返した匈奴に奪われました。再び西域の支配を取り戻すのは後漢の時。後漢の武将班超は匈奴を破り、94年までにはトルファン盆地、タリム盆地のほぼ全域を制圧しました。和帝から西域都護に任ぜられた班超は西域の50余国を服属させ、遠くローマまで部下を派遣しようとしたことが伝えられています。しかし、班超が帰還してわずか5年の後、西域と中国との交通はまた遮断され、これ以後、漢の西域経営は有名無実化しました。

 唐の西域進出

後漢の後、中国は長い政治的な分裂の時代に入りますが、唐代に入り、国内が安定するのを待って、再び西域支配に乗り出しました。630年に、当時天山東部を勢力下においていたトゥルク系の遊牧民突厥を倒し、東方のハミ一帯を支配下に収めた唐は、640年にはトルファンの高昌国を攻め滅ぼしました。唐は高昌に西州を置き、安西都護府を設置して、タリム盆地支配への足がかりを築くことになります。

唐は648年にクチャを征服し、ここに安西都護府を移しますが、北方のトゥルク系遊牧民との間でオアシスの支配を巡る争奪戦が繰り広げられ、唐の西域経営も一進一退を繰り返しました。657年、高昌に後退していた安西都護府が再びクチャに設置されるとともに、カラシャフル、クチャ、カシュガル、ホータンの四大オアシスには安西四鎮と呼ばれる都督府が設置され、タリム盆地全域が唐の支配下に置かれることとなりました。安西都護府下の兵は3万人を超え、漢代に比べて遙かに規模が大きかったと言われます。

 唐の西域支配の衰退

こうしてタリム盆地全域を支配下に収め、唐の西域経営は最盛期を迎えました。しかしその興隆も長くは続きませんでした。7世紀後半からは、南方の吐蕃(チベット)のタリム盆地への侵攻が激しさを増し、唐の西域における統制力は次第に衰えていきます。更に755年に起こった安史の乱が、唐の西域経営に決定的な打撃を与えました。790年には、吐蕃がクチャの安西都護府を、792年にはトルファンの西州を陥落させたことにより、唐の西域における支配は終焉を迎えました。

 シルクロードの「衰退」

タリム盆地の南北を走る天山北道と西域南道、ならびに天山山脈の北を横断する天山北路は、漢代以来、シルクロードの要として東西の交通や貿易、文化の交流に多大な役割を果たしました。しかし、唐中期以降、吐蕃のタリム盆地への進出に伴って、次第にその機能を失うこととなります。また、アラブ人によって、インド洋を横断し、マラッカ海峡を越えて中国南方沿岸に至る海上ルートが開かれたことで、東西交通の主流は海上に移って行きました。シルクロードは中国と西方をつなぐ東西交通の道としての意義を失い、世界史の表舞台から姿を消すことになったのです。

 補足

以上の説明は、中央アジアを中国と西方の貿易中継点ととらえ、中国との関係において中央アジアに歴史的意義付けを与える、いわゆる「シルクロード史観」に立脚していますが、80年代以降は、中央アジアを遊牧民と定住民との相互関係を軸に展開する1つの世界としてとらえ、その盛衰は外部との関係ではなく、両者の相互関係のありように起因していたとする考え方が主流となっています。ここでは入り口としてわかりやすいように、ある意味ステレオタイプのシルクロードの歴史について説明していますが、もっと詳しく知りたい方は、『中央アジア史』あるいは『中央ユーラシア史』(参考文献参照)あたりを読むことを強くお勧めいたします。
シルクロードと仏教
漢の西域経営の開始以来、シルクロードを介して中国の絹が西方に運ばれると同時に、西方のさまざまな文物が中国にもたらされました。漢代に中国に伝わったものの中には、玻璃・瑠璃・宝石・香料などのほか、葡萄、胡麻、胡瓜、胡桃、ザクロなど、その後日本に伝わり、今なお親しまれているものも少なくありません。またシルクロードは、東西の交通・貿易の主幹線となっただけでなく、東西文化の交流という点でも大きな役割を果たしました。ササン朝ペルシアで興ったマニ教、古代ペルシアに発したゾロアスター教、東ローマにおこったネストリウス派のキリスト教などの西方伝来の宗教は、いずれもシルクロードを経由して中国に伝えられましたが、東西文化交流史上においてシルクロードが果たした重要な役割の1つは、仏教を中国にもたらしたことでした。

 仏教の東伝

インドで発祥した仏教は、1世紀以降、タリム盆地周辺地域一帯に広がりました。各地のクオアシス都市では仏教寺院が建立され、仏画や仏像が盛んに作られたほか、仏僧たちはインドの仏典を現地語に翻訳し、仏教の学習と布教に努めました。彼らの多くは2世紀中葉以降、仏典を携えて中国に入り、中国仏教の確立に多大な貢献をなしたと言われます。やがて仏教は西域の宗教として、普遍的に流行するようになり、遠く海を越えて日本にまで伝えられました。

 仏教美術の繁栄

敦煌莫高窟仏教の伝播とともに盛んになったのが千仏洞によって代表される仏教美術です。インドで興った千仏洞は、山の斜面に多くの洞窟を開き、仏像や仏画で飾る総合的仏教芸術であり、タリム盆地を通じて東伝し、中国の各地に広まりました。有名な敦煌の莫高窟も西方文化の影響によって、4世紀頃から造営が始められたと言われます。タリム盆地では、タクラマカン砂漠の北縁のオアシス都市を中心に多くの千仏洞が造営されました。その代表的な遺跡として、今もクチャ郊外にキジル千仏洞が残っています。
シルクロードの今:新疆ウイグル自治区
古来よりオアシス都市が栄え、シルクロードの要として重要な役割を担ってきたタリム盆地周縁のオアシス諸都市では、9世紀以降徐々に住民のテュルク(トルコ)化が進行するとともに、西方から伝来したイスラームが支配的となっていきました。16世紀はじめに、東のコムルから仏教勢力が完全に駆逐されたことにより、この地域のイスラーム化は完成し、以来独自のテュルク・イスラーム世界が発展を遂げることとなりました。

ところが、18世紀に入ると、この地域は再び中国の支配を受けることとなります。遊牧帝国ジュンガルを滅ぼした清の乾隆帝は、1759年にはタリム盆地周辺のオアシス地域をも支配下に収め、天山山脈以北のジュンガル盆地と、以南のタリム盆地をあわせて「新疆」(しんきょう)、すなわち「新しい領土」と呼びました。19世紀、20世紀を通じて、この地域ではたびたび現地のテュルク系住民による反乱が起こされますが、清朝から中華民国、そして中華人民共和国へと、新疆は中国の領土として引き継がれていきました。中華人民共和国成立以後、1955年からは新疆ウイグル自治区と名称が変わりましたが、現在も一般的には新疆と呼ばれています。

 新疆の地理

北はアルタイ山脈、南は崑崙山脈によって挟まれた新疆は、真ん中を貫く天山山脈によって、大きく2つの地域に分けられています。南疆と呼ばれる天山以南の地域には、中心にタクラマカン砂漠を抱く中国最大のタリム盆地があります。南疆では、古来より砂漠の周縁に点在するオアシス都市が栄え、シルクロードの中継点として重要な役割を担ってきました。一方、北疆と呼ばれる天山以北の地域には、ジュンガル盆地が横たわっており、緑豊かな草原地帯が形成されています。このように、3つの山脈と2つの盆地によって形成されていることから、新疆の地形は、ちょうどその「疆」の字の右側のようだという風にも言われます。

新疆ウイグル自治区の地図

 新疆の民族

今でこそ中国の一省区となっている新疆ですが、歴史的には異なった文化圏に属してきたため、その民族、言語、宗教という点で、中国内地とは大きく異なっています。現在、新疆ウイグル自治区には、ウイグル、漢族、カザフ、モンゴル、回族、クルグズ、タジク、シボ、ウズベク、満族など、全部で47の民族が居住していますが、その中で、ウイグル、カザフ、クルグズなどのテュルク系の民族が人口の半数以上を占めているという点に大きな特徴があります。
オアシスの民ウイグル人
ウイグルの女性たち(カシュガル)新疆ウイグル自治区の主要民族は、テュルク系のウイグル人です。2002年の自治区における人口は869万2298人で、新疆の総人口の半数近くを占めており、その大部分はカシュガル、アクス、ホータンなど天山以南のオアシス地域に住んでいます。またカザフスタン、ウズベクスタン、クルグズスタンなど、旧ソ連領の中央アジア諸国にもかなりの人口が存在しています。

「ウイグル Uyghur」とは彼らの民族の自称であり、漢語では中国の少数民族の一つとして「維吾爾族 Weiwuerzu」(ウイグル族)或いは「維族 Weizu」と呼ばれます。日本では決まった呼称はなく、「ウイグル」「ウイグル人」「ウイグル族」など、人により呼び方はまちまちです。

彼らは日常的には現代ウイグル語と呼ばれる言葉を話し、アラビア語の字母を改良した文字を使っています。現代ウイグル語はテュルク系の言語ですが、その語彙のかなりの部分をアラビア語、ペルシア語起源の語彙が占めています。また漢語、ロシア語から取り入れられた言葉も少なくありません。同じテュルク系の言語の中では、ウズベク語が非常に近い関係にあると言われます。

 ウイグル人の宗教イスラーム

ウイグルの聖地ヘイトガーフ(カシュガル)歴史上のシルクロードでは仏教文化が花開きましたが、その後西方から伝わったイスラームが徐々に浸透し、仏教をその主役の座から引き下ろすことになりました。16世紀に完成したタリム盆地のイスラーム化はその後も引き継がれ、現在もウイグル人をはじめとする当地のテュルク系民族のほとんどが、イスラームを信奉しています。

ウイグル人はスンニー派のイスラームを信仰しています。ウルムチなどの都会ではその限りではありませんが、カシュガルを始めとする南新疆では、今なおイスラームは日常生活の中で重要な地位を占めており、一日五回の礼拝が敢行される他、イスラーム二大祭も盛大に行われています。礼拝の場であると同時に社会活動の場でもあるモスクはウイグル人の居住する地域の至る所に見られますが、特にカシュガル市の中心にある中国最大のモスク、ヘイトガーフは、数百年の歴史を持ち、長年にわたって彼らの精神的な支柱となってきました。

またウイグル人の信仰の中では、マザール(聖者廟)崇拝が一定の地位を占めています。人々の間では、イスラームの聖者の墓廟、或いは聖者ゆかりの地であるマザールはある種の神聖な力を持つと信じられており、厄除けや病気の治癒、子宝を授かることなどを願ってマザールを訪れる人が後を絶ちません。こうしたマザール崇拝の他、まじないや自然崇拝に起源を持つと考えられる儀式なども各地に残っており、イスラーム化以前の土着の宗教の名残と考えられています。

 ウイグル人の食生活

ウイグル人の朝食風景一般的には、ウイグル人は小麦を生活の主要な食物とし、肉類や乳製品を好み、野菜を余り食べません。夏はスイカやメロンなどの果物を多く食べます。ウイグル人のもっとも基本的な食品はナンで、日々の食事はもちろん冠婚葬祭などの儀式でも不可欠とされます。ウイグル料理の大多数を占めるのは小麦粉を使った麺料理で、主なものとしては、ラグマン、ウグレ、マンタ、チョチュレなどがあります。また数少ない米料理の一つであるポロはウイグル人の代表的なもてなし料理の一つで、冠婚葬祭では必ず振る舞われます。

ウイグル人の伝統的な食生活は至って素朴で、一日の内、昼あるいは夜にきちんとした料理が作られる他は、ナンとチャイで済まされることも多いです。外食は非常にまれで、基本的にはすべて手作りで作られます。食事の際にはダスティハンと呼ばれる食布の周りを囲んで座り、食事が終わると家長がドゥア(祈祷)を唱えることが作法とされています。
参考文献
江上波夫編『中央アジア史』山川出版社、1987年。
笠沙雅章監修、間野英二責任編集『中央アジア史』同朋社、1999年。
小松久男編『中央ユーラシア史』山川出版社、2000年。
間野英二他『内陸アジア』朝日新聞社、1992年。
新疆百科全書編纂委員会編『新疆百科全書』中国大百科全書出版社、2002年。
Abdukerim Rakhman, Rawaydulla Hamdulla, Sherip Khushur. Uyghur Örp-Adätliri. Shinjang Yashlar-Ösmürlär Näshriyarti, 1996.
↑ ページの一番上へ
Main contents
トップページ
当サイトについて
シルクロードの歴史と現在
新疆・基礎知識編
新疆新疆・現地事情編
観光ガイド&裏情報
旅の準備
新疆瓦版(姉妹サイト)
メール